生理痛がひどい場合に考えられる病気

女性の多くが悩む生理痛は、過剰な子宮の収縮、冷え、ストレスなどが挙げられます。子宮を収縮させ、子宮内膜がはがれるときの経血をスムーズに体外に排出することを手助けする物質である、プロスタグランジンが多く分泌されると子宮の収縮が過剰になり、陣痛のような痛みを引き起こします。さらに冷えによって、身体の血液循環が悪くなり、骨盤内にプロスタグランジンが滞ることで、生理痛がさらにひどくなります。生理痛は、身体を冷やさないようにすること、カフェインなどの摂取を控えるなど食生活に気を配ることなどである程度予防できます。 “生理痛がひどい場合に考えられる病気”の続きを読む