ニキビができている時のファンデーション

ニキビができている時は、いつもと変わりなくファンデーションでメイクはしないことです。ニキビを刺激しない化粧品を選ぶことがニキビを悪化させないポイントです。何もできていない肌の状態では問題のないファンデーションでもニキビがあれば炎症を起こす可能性があります。悪化すると見た目にも関係するので負担の少ないファンデーションを選びましょう。ニキビができている時はリキッドファンデーションはおすすめしません。

リキッドファンデーションは油分が多い上に防腐剤も含まれています。日焼け止めや下地クリームにも油分が多く同じく防腐剤がはいっています。避けた方が無難です。塗る事により通気性が悪くなりアクネ菌を増殖させ炎症して悪化します。カサカサして化粧ののりが悪く感じる場合は保湿クリームを下地クリームの代わりにで代用しても問題ありません。ニキビ肌でも問題のないファンデーションを選ぶ事がポイントです。ミネラルファンデーションやフェイスパウダー、パウダーファンデーションなどがニキビ肌には向いています。液状のもので毛穴に蓋をするかしないかで治るか炎症を起こすかの違いがでてきます。他にもファンデーションに使用する際のパフは1回1回洗って菌を落とす事が必要です。パフは洗わない人が多いですが、ニキビが治らない原因の一つとも言われています。アクネ菌のついたパフでメイクはしないように注意しましょう

美白と美肌を作るスキンケア